[ 眉間のシワ 対策 ]

眉間のシワ対策にサージカルテープ

マッサージ等で表情ジワをケアしても心理的負荷が沢山と寝ている時に無意識のうちに苦しそうに顔をしかめ、それが眉間のシワになってしまうことがあります。

こんな表情ジワのケースは、肌の外装をピンと張って伸ばすことで筋肉までともに伸びてくるという習性があります。

実は、寝ている間にサージカルテープを使用して眉間のしわを容易にとる事が出来ます。

サージカルテープをシワが気になる箇所に貼るだけですのですが、貼るときに気を付けるポイントがいくつかあるのでご紹介します

サージカルテープというのは、包帯等を止める目的で利用する医療用のテープで、かぶれずらい特性を持っています

粘着力の強い絆創膏を利用した場合、剥がすときに肌を傷めてしまうので、肌にやさしいサージカルテープがおススメで、トラブルを引き起こさないためのポイントです

サージカルテープの貼り方は、なるべく幅広なものを使い、指でシワを伸ばした有り様にしてから貼ることが大切です。

但し、剥がすときに引っ張られるのは余分シワを作ってしまうので、剥がすときに軽く剥がせるようにテープを軽く貼ることもポイントです。

しわが深く朝起きてサージカルテープが眉間のしわに食い込んでいれば、より一層縦に1枚サージカルテープをプラスしてみてください、。

テープを固定することによってシワを伸ばした有り様をキープし、徐々にしわを消すことが出来ます。

特に眉間のシワが深いケースは、眉間のしわに合わせてサージカルテープを二枚クロスして貼ってみましょう。

より一層、肌を保湿してから、シワを伸ばすようにして貼ることもポイントです。

肌が乾燥したままテープで固定した場合逆にシワが濃くなってしまうので、きっちり洗顔し、化粧水、乳液、クリームなどのケアをして肌をソフトにしてから貼るようにしましょう。

サージカルテープは粘着力があるので、肌が多かれ少なかれ湿っていても大丈夫です。

スキンケアをした有り様で貼るとより効きお目当てです。

ここではサージカルテープをご紹介しましたが、しわ取りテープのなかにはヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたものもあります。

しわに直接これらの美容原材料を送り込むシステムになっており、美容原材料を送り込む以外にも肌の水分を飛ばさないように創られているので、効き目が望めるとおもいます、。

クリニックでのシワ改善方法

セルフケアだけではどうしてもシワが改善されないという方や、本格的に眉間のシワをなんとかしたい方は、美容皮膚科などのクリニックでシワ治療を受けるのがおススメです。

ここでは、クリニックで受けられる治療法に対して、メリットやデメリットを含めてご紹介します。

ボトックス注射というのは、筋弛緩作用のあるタンパク質(ボツリヌストキシン)を注入し、筋肉の収縮時に創られるアセチルコリンという物質の働きを抑制しることによって筋肉の収縮を抑制するシワ取り法です。

ボトックスはシワ治療薬としてFDA(米食品医薬品局)で認可され、安全性や効き目に対して確立されているものでもあります。

眉間のシワをつくろうとする表情筋の機動を緩和させることで、すでにできてしまった眉間のシワを消し、あとあと出来るシワを予防する効き目があります。

しかしながら、その作用が他の筋肉にまで及んでしまうと、表情が不自然にこわばったり、ものを噛むときに違和感を覚えることもあります。

効き目が維持するのは4~6か月くらいですので、定期的に注入する必要があります、。

ヒアルロン酸注入法というのは、ヒアルロン酸をシワ等へこんだ箇所に直接注入することによって、たるんでしまった肌のハリを取り戻すやり方です。

ヒアルロン酸は皮膚にも存在しており、肌のうるおいを保つ支援を担っている原材料です。

化粧水やクリームに混ぜ込まれているものもありますが、分子が大きっく、真皮と呼ばれる肌の奥の組織までは届きません。

注射であるのなら効かせたい箇所の直下に注入し、皮膚を盛り上げることでシワを目立たなくすることが出来ます。

ヒアルロン酸注射は痛みも副作用も少なく、翌日からメイクも出来ます

しかしながら、維持期間は個人差がありますが、半年から1年くらいで体内に吸収されて元に戻ってしまうので、定期的に注入する必要があります。

他にもグロース原因注射というのがあって、皮膚のコラーゲンを増やすことで皮膚のハリを出す治療法です。

グロース原因は、ボトックスみたいに筋肉の機動を抑制しるものではなく、機動に制限はないため、仕上がり具合も自然な感想や感じ方になります。

ひとたび治療効き目が出ると、少なくとも数年以上はいい有り様をキープ出来ますが、ただ、効き目が出るのに3~6カ月かかり、速効性は望めません。

ボトックス注射とは

眉間のシワは、それだけで老けた顔に見えてしまいます。

眉間にシワをよせるクセがあると、目つきが悪くいつも怒っているような感想や感じ方を与えてしまうため、悩んでいる方も沢山のではないでしょうか、。

そういった眉間のシワ対応策には、ボトックス注射が有効です

ボトックス注射には筋弛緩作用があり、シワを寄せるときに動く筋肉の力を弱め、眉間にシワが寄らないようにすることが出来ます。

筋肉が伸びた有り様なって、元々あるシワも改善する効き目があります。

ボトックス注射は、その効き目や維持期間、加えて副作用や費用等気になるケースも沢山とおもいます

そこで、眉間のボトックス注射に対して、効き目やリスク、費用や注意点等事前に知っておくべき情報をまとめてみたので、治療を受けるかどうするかを検討する際に参照にしてください。

ボトックス注射は、一度打てばずっと効き目が続く訳ではありません。

注射後2、3日で効き目が出始め、 効き目の維持は3か月?半年ほどです。

効き目を維持させる目的では定期的な治療が必要ですが、3か月以上は空けて打つようにしましょう。

ボトックス注射を打つと副作用として表情が固まってしまうような症状が起こるケースがあります

ボトックスは筋肉を動かなくする薬ですので、筋肉が動かなくなった結末、眉間箇所の眉毛を持ち上げられずに下がって見える事があります。

それによって、くらいの差はありますが目が重たいだとか、二重のラインが狭くなったというような症状が出ます。

スポックブローといって目元の筋肉が動かしがたくなり、常に眉が釣りあがったような表情になってしまう症状がよく聴かれます、。

これらの症状が出てしまったケース、一度効いたボトックスを早速に戻す事は出来ないので、4か月ほど待つ必要があります

より一層、これはボトックス注射に限りませんが、注射を行うと内出血が出る事があります。

大半目立たないくらいから青くなるのが分るくらいまでくらいは色々です。

頭痛が起こるケースもあります、。

ごく軽いものから気になるものまであって、症状が出ている期間もまちまちです

最後に費用ですが、眉間のシワを改善するためのボトックス注射に健康保険は適用されないので、クリニックによって値段設定は多彩なで、利用するボトックスの種別や注入量によって異なります。

平均的な相場は2万円~5万円ほどのところが沢山やうです。

タグ: