[ ゲルマニウム ]

ゲルマニウムとはどんな物か

この健康ブームの最中、「ゲルマニウム」という言葉をよく耳にしたケースではおもいます。

ゲルマニウム入り何とかとか、ゲルマニウム温浴だとか、ゲルマニウムを謳っている品物等も結構有りますよね。

健康に良いと思っておもわず手に取ってしまいますが、そもそも「ゲルマニウム」ってどんな物ですのでしょうか。

ゲルマニウムというのは、容易に言うと「半導体」の事だやうです。

この半導体というのは電気を通す導体になったり、通さない導体になったり、要素によってその使命は変わります。

そもそも元素は地球上に103種別有ると言われています

そのなかでもゲルマニウムという半導体は特にな特性を持っているのです。

ゲルマニウムは金属の様で金属じゃない。

かなり不思議な半導体として知られているのです。

ゲルマニウムは金属の様で金属じゃないと言いましたが、金属と非金属の中間部位に位置しているGeという元素でかなり脆いものです。

しかしながら色んな物に役立ってもいる物で、トランジスタやダイオードとしても発明されました。

より一層通信機材やコンピュータで使われる物として世に出てその名前を知る事になってきたのです。

ある一定温度を加えてあげる事でゲルマニウムに電気が流れるという特性を利用して発明してきたのですね。

ゲルマニウムと健康というのは少しばっかりかけ離れていたのが初めの使われ方でしたが、その特性を利用していっぱいの品物を作っていく様になり、その過程で人間のボディーに良いという方向へ進行していって今日に至っているのがゲルマニウムですのです。

ゲルマニウムの昔

今は知っている人も沢山ゲルマニウムですが、どう言った歴史が有るのか知っている人はわずかのではないでしょうか。

ゲルマニウムは新鉱物「アルジロダイト」が発見された1885年に遡る事から始まります。

この鉱物が発見された時、どんな原材料で創られているのかドイツのウインクラーという人が化学分析をしたやうです。

その結末、銀75%、硫黄18%と結末としては93%の原材料が分析されたやうです。

しかしながら残りの7%がどうしても何か分からない。

そこで未発見の元素が有るのではないかと考えられて再分析した結末、「ゲルマニウム」という元素を見つけたのです。

それがゲルマニウムの出現になりました。

ゲルマニウムは半導体の特性を持っているお目当てで、色んな物に利用されると多くの話題が集まりました。

初めにゲルマニウムが発見された後に話題されたのは工業用物質としてだったやうです。

工業用物質として利用されたゲルマニウムから出現したのは「トランジスタ」「ダイオード」と言ったものだったやうです。

そのご、色んなカテゴリーで大大活躍出来るのではないかという期待を持っていたゲルマニウムは、医学的にも利用出来るのではないかと考えられて研究が続けられてきたやうです。

当然今でもその研究は続いているやうですが、ゲルマニウムがボディーに良い効き目が有ると認識できたのが1922年だったやうです。

初めは貧血の治療として使われたのがボディーに使った初めての効き目だと言われています。

ゲルマニウムは今でも色んな研究が続けられていますが、わたしたちがよく知る所では健康的な部位かも知れませんね

ゲルマニウムにはどんな力が備わっているのでしょうか

ゲルマニウムにはどんな力が備わっているのか気になりますよね。

ゲルマニウムが持っている力というのは、ゲルマニウムの半導体としての特性に繋がっている物と考えられます。

常日頃、ゲルマニウムの金属の様な金属じゃない様なという特性を利用してどんな物に使えるのか研究が続けられています。

そのなかでも近頃は医療関係に力がそそがれている様で、医療現場ではは電子治療に役立てられているやうです。

ゲルマニウムの力というのは、容易に言うと皮膚組織を通してボディーのなかに浸透していき、血液に働きかけてボディーにとって正常な働きをしていくという物になります。

難しく言うと金属元素のゲルマニウムはボディーに接触する事でイオン化します。

これは電子浸透圧という働きによって起こる現象です

イオン化したゲルマニウムは皮膚組織から浸透していって毛細血管に、血管から血液のなかに移転していきます。

この有り様で血液が酸性かアルカリ性かで働きが変わるのですが、どちらにしても正常になる様に働いてくれるのです。

こう言った力がゲルマニウムには有る事が分かったので、元々は工業用として利用されていたゲルマニウムが医療用としても使われる様になってきたのです。

ですので現在では多彩な医療用器具にゲルマニウムが利用されているという現状が有りますし、今でもその開発は続けられています。

ボディーの外側から働きかける事で、血液の電子を移転させる事が出来るゲルマニウムはかなり画期的な力を持っている事になります。

こうした力を利用して多彩な研究が重ねられていて、わたしたちが目にする品物に取り込まれているのです。

タグ: