[ 有名人のスキンケア ]

平子理沙さんが行っている美容法について

いつまだとしても若々しく、40歳という年齢を全く感じさせない奇跡の肌を持っているのがモデルの平子理沙さんです

平子理沙さんのモットーは「折角女の人に生まれたんだから、女の人をおもいっきり楽しむ」という事だそうで、そのモットー通り女の人をおもう存分楽しんでいる様ならいるスタイルだとおもいます。

まさにそのリザルトがあの美貌で、アラフォー世代に限らず20代という若い世代からも好評されているのです。

その美肌を保つ為に欠かせないのは日々のスキンケアですよね。

スキンケアは全ての基礎となる物ですので、大切にお手入れをしていく必要が有ります。

平子理沙さんがそのスキンケアで心がけている事というと「保湿」だみたいです。

保湿をすることで良いからと言ってもやり過ぎはよくありません。

油分を与えたら良いだろうと思っても、与えすぎるとそれが肌に負担をかけてしまってシワやたるみの原因となる事も有るのです。

ですので自分の肌に適した度合いで保湿を行う必要が有ります。

化粧品も自分の肌質に合った化粧品を利用する様にする事が大切です。

化粧水、クリームと言った物は肌に足りない物を補っていく物になります。

当然フェイシャルエステに通うのも良いでしょう。

しかしながら毎回いける訳では有りません。

エステに行く時はケアというより「疲れを確保する」「癒しを求める」「リラックス」をお目当てとして行く方が良いですね。

そうしたスペシャルケアはスペシャルケアとして、日々のちゃんとしたスキンケアでお手入れが大切ですのです。

平子理沙さんオススメのスキンケア化粧品とは

平子理沙さんがお奨めしているスキンケアやコスメはいっぱい有ります。

その多くが芳香も良いですし、保湿技能バッチリのスキンケア、自然派化粧品という物が沢山ので、乾燥肌で苦しむ女の人にはかなり助かるスキンケアが沢山のです。

そのいくつかをご紹介しましょう。

【ちどりや】ちどりやは京都オーガニックコスメブランドですが、顕現たのはNYからですのでニッポンには逆輸入という形で入ってきています。

平子理沙さん始め色んな所で案内されているのです。

そのピーチムーンハーバルフェイスウォーター等は実にお奨めしたい品物になります。

これは「月桃(げっとう)」とも言われています。

月桃の効力としては老化防止、シミやしわなどの改善が出来る為、アンチエイジングにかなり効力が有ります。

【ジュースビューティ(juiceBEAUTY)】米国で出現したオーガニックコスメブランドで、外国セレブリティの間だとしても大大好評のブランドとなっています。

化粧品に利用している水は水ではなく100%認定されているオーガニック果物ジュースを利用しているのです

果物ジュースは26部類も利用されていてそれをベースにして60部類以上も有る美容原材料が混ぜ込まれています。

その為にオーガニック含有率がかなり高く、アンチエイジング効力も高いみたいです

こ以外にも色々お奨めのスキンケアはいっぱい有りますが、平子理沙さんがアラフォー世代という事も有り、同世代の人にはかなり共感が持てるスキンケアがかなり沢山のです。

平子理沙さん愛用スキンケア【ヴェレダ】

「ヴェレダ(WELEDA)」は平子理沙さんがお奨めするスキンケアです。

このヴェレダはオーガニックコスメの中だとしても草分け的存在の物として高い地位を確立しているのです。

平子理沙さんが利用しているのがヴェレダのボディオイルだみたいです。

あのキレイなボディーをキープする目的では自分のお肌にも敏感にならなくてはいけません。

体内に老廃物を貯めていてはあの体型は保てないとおもうのです。

その為にリンパをマッサージして老廃物を流す必要が有るのです。

その時に利用しているのがヴェレダのボディオイルだみたいです。

特に入浴時、入浴後、スポーツ不足だなと感じた時にストレッチやマッサージをおこなうと効力的だと言われているのです。

1回だけでは駄目です

毎日徐々にだとしてもやる

この積み重ねがかなり大切な訳ですよね。

大好みな物の芳香でマッサージをしていると、リラックス効力も有りますしかなり優雅なテンションになれるとおもいます。

ヴェレダから売り出しされているラバンドボディオイルという物が有ります。

これは原材料が植物やハーブとなっていてこうした自然の原材料が織りなすトリートメントオイルになっているのです。

オイルのベースはスウィートアーモンドオイル

このオイルは全ての人に受け入れられるオイルで、特に乾燥肌に効力が有るみたいです

この為に保湿技能が高く若々しい肌を保つ事が出来るスキンケアとなっています

オイルはスウィートアーモンドだけじゃなく、セサミシードオイルも有りますので、シーズンによって、肌質によって使い分けると良いでしょう。

タグ: