[ 赤ら顔を治す方法 ]

赤ら顔に有効な化粧品

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、血液の濁りを有り様改善させ、血流をスムーズにさせる効力が有ります。

温度差に弱い方やお酒に弱い方に効力が有ります。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、皮脂の放出を抑えます。

皮脂が過剰に出ることで酸化がおこり、赤ら顔の炎症をつくる多様なトラブルを誘発するので、それを抑制するこというのは赤ら顔を治すことにもつながります。

赤ら顔を治す・改善するための食事

他にも多様な漢方が有りますが、自分のスタイルに合わせたものを選べるので、赤ら顔は体質だと諦めている方は、一度漢方を試してみることをおススメします。

ドクターシーラボのレッドフェイストナーは、オールインワン化粧品ではなく化粧水ですので、クリームや乳液と併用して使います。

テクスチャーは若干とろみが有りますが、べたつきは感覚ない使い心地ですので、夜のスキンケアは当然、朝のメイク前に人肌を整えるのにピッタリです。

手のひらに適正量を取り、顔全体になじませて使います。

タグ: