[ 年齢肌 スキンケア(skin care) ]

年齢肌のスキンケア(skin care)で大切なこと(紫外線1)

ご自身のお肌に年齢肌を感覚るかたの多くは、すでに万全な紫外線対策をしていることでしょう。
紫外線対策を怠れば怠るほど、年齢肌の症状がでてきてしまうことを、御存知だからですね。
近頃は、紫外線の害に対して、テレビや雑誌等でも大きく取り上げられることが沢山なですし、インターネットで調べてみましても、紫外線の害に対しては、早速にいっぱい出てきて調べることが出来ます。
紫外線は、皮膚がんを発生させるとも言われるくらい強力なものですので、本当に紫外線対策は大切です。
当然、年齢肌のかたにかかわらず、お子様から老年者まで皆さまにしていただきたいのが紫外線対策です。
紫外線対策として、もっとも容易でお手がるに出来るスキンケア(skin care)は、日焼け止めクリームを塗ることでしょうか。
日傘をさすことや、つばのワイド帽子をかぶること、夏でも長袖の衣服を着たり、UVアームカバーをマスターたりというのも、容易に出来る紫外線対策では有りますが、お顔のお肌に年齢肌の兆候が出ないよう予防するのに一番良いのは、日焼け止めクリームだとおもいます。
日焼け止めクリームを塗って、それにプラスして日傘やつばのワイド帽子等をかぶりますと、より一層良いですね。
そして、ここのところでは、飲む日焼け止めとも言われています、日焼けをしにくいサプリメントも有りますよ。
さて、年齢肌にさせてしまうこの紫外線に対して、あなたはどんな事を御存知でしょうか。
紫外線には、A波と、B波、そしてC波という波が有ります。
A波というのは、肌の奥深くの真皮という部位まで届くため、お肌の内部に活性酸素を作ってしまいます。
そうしますと、コラーゲンやエラスティン等を破壊します。
つまりは、しわやたるみという、年齢肌特有の症状が出てきてしまいます。
よく、日焼けた場合にお顔が真っ赤になる人がいますが、B波はこの赤くなる炎症を引き起こします。
活性酸素によって、過剰なメラニン色素を作製し、それが色素沈着することによって、シミやそばかすが出来てしまうことになります。
そして、C波は、皮膚がん等皮膚病の原因になるものです。
実はこの、C波は、日焼け止めだけでは効力が有りません。
昔は、オゾン層がブロックしていてくれたのですが、ここのところはオゾン層の破壊によって、地上まで届くようなってはと言われています。
そういった事態になった時には、日焼け止めの以外にも、紫外線C波の対策として日傘や帽子は必須となってきますね。
当面のスキンケア(skin care)は日焼け止めクリームで、A波、B波をブロックするのが一番でしょう。
万全を期したいかたは、日焼け止めグッズも併用してちょうだい。

年齢肌のスキンケア(skin care)で大切なこと(紫外線2)

確実に年齢肌の症状を引き寄せてしまう紫外線は、まず予防するのが第一なのは言うまでも有りません。
ですが、予防と申しましても紫外線を100%カットするこというのは、かなり難しいことでも有ります。
紫外線は年中降り注いでいるわけですが時期によってその量に差があり、やはり一番多く降り注いでいるのは夏の暑い時期です。
それによって、冬季のような格好をするわけにもいかず、日焼け止めクリームの塗り直しもちゃんというのはできず、どうしても紫外線の影響は受けてしまうことになります。
そこで必要なのが、紫外線を浴びたあとのスキンケア(skin care)です。
ちょっとそこまでお買いもののつもりで日焼け止めも塗らないでお出掛けし、お知り合いと会ってしまって、太陽の下で立ち話というこというのは有りませんか。
または、休日に海や山におでかけした際、日焼け止めを塗りなおすこともなく、プレイに集中していたというこというのは有りませんか。
そういったケースでは、お肌は完全に紫外線を浴びていて、時に日焼けの炎症さえも起こしてしまい、赤くなってしまうことが有りますね。
そういった有り様にまでなってしまったケースではには、それはもう軽い火傷とかんがえ、早速にクールダウンしてスキンケア(skin care)しましょう。
万が一、日焼けが強すぎて炎症を起こしているケースではには、皮膚科による治療が必要になるかも知れません。
炎症を起こしていなければ、よく冷やして十分に水分を与えてから適切なスキンケア(skin care)をします。
ノンお酒等、なるべく刺激のわずかスキンケア(skin care)化粧品が良いですね。
化粧水だけでは水分が不十分とおもわれるケースではには、保湿力の高い原材料を補給します。
たとえば、ヒアルロン酸や、プロテオグリカン、セラミド等がよろしいかとおもいます。
より一層、ビタミンA誘導体やビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体等も加えますと、紫外線を浴びた後のアフターケアだけでなく、年齢肌に対しても強力に作用してくれますよ。
日焼けがちゃんと治まった後、濃くなったように思えるシミ等には、美白に重点をおいたスキンケア(skin care)も良いでしょう。
ともかく、年齢肌を引き起こし易い紫外線の害を避ける為には、まず第一に予防、そしてアフターケア、この両方が大事です。
本日からでも、さっそく実行してみてちょうだい。

タグ: